*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春爛漫!
行徳の光林寺さんに、花の季節がやってきました。

IMG_2602_convert_20150413133600.jpg
サンシュユ

IMG_2617_convert_20150413133719.jpg
ハナカイドウ

IMG_2609_convert_20150413133921.jpg
ユキヤナギとミツバツツジ

IMG_2597_convert_20150413133622.jpg
ウスズミザクラ 

IMG_2610_convert_20150413133659.jpg
ボケ

IMG_2612_convert_20150413133431.jpg
ツバキ(永楽)

スポンサーサイト
ニワプラスサイト 第3期募集!
私の参加しているニワプラスサイトも3年目です。
今年も新規の第3期のメンバー募集が開始されました。
興味のある方は是非!!


ーーー以下 担当の萬葉 北谷さんのブログからの引用ですーーー


ニワプラスサイト 第3期募集!!
 ニワプラスからのお知らせです!
20140421_1077149.jpg

 

 皆さん日々ニワをプラスされてることと存じます。
 益々のプラスを祈願しております。

 さてこの度は、
 ニワプラス ポータルサイト第3期募集についてのご案内です。
 
 これは基本的には
 ブログをやっておられる方、また始められる方へのご案内です。

 

 
 ニワプラス ポータルサイトは
 3期目を迎えるにあたって
 少し趣向を変えた募集を試みたいと思っています。


 
 
 目的としましては、第1.2期と変わらず
 ①日常からの情報交換の場として
 ②一般へ向けてのPR      
 ③営業ツールとして

 
 インターネットを活用することによって
 幅広く一般の方々はじめ、クリエイターや建築関係へ向けて
「ニワ」のPRになるのではないか。と思っています。

 ただし、参加していただくには簡単な規定を
 作っておきたいと考えています。


 ①ニワプラスに参加したことがある。
 ②参加費 30,000円    (制作費として使います・Tシャツ付き)  
  年会費  5,000円/毎年 (更新・修正など運営費として)          
 ③ニワプラス規定によりそぐわない内容の場合は注意・削除をお願いする場合もあります。
 ④会社ではなく個人での参加に限ります。(会社のブログであってもブログ担当であれば可  など)
 ⑤N+P(ニワプラスサイトのメンバー)の方の紹介であること。  
 ⑥ニワプラスのイベントには積極的に参加する。
 


 個々の特性がいろいろなカタチで協調され
 自分たちも刺激を受けながら、世の中へPRの場になればと
 思っています。


 記事は「自由に」と思っていますが
 悪用されないためにもニワプラス規定を設けております。




 参加・更新ご希望の方は5月5日までに
 niwa@office-manyo.com  (担当 萬葉 北谷知之)
 までご返信ください。
 〇〇さんからの紹介です。と添えていただけると助かります。
 
 

 次回のリニューアルオープン予定は6月。(頑張ります 笑)
 よろしくお願いいたします!!


 
      ニワプラス主催   辰己耕造 辰己二朗 北谷知之(担当)
登録造園基幹技能者講習の結果が出ました!
先日、講習と試験を受けた登録造園基幹技能者講習の結果が出ました。

無事合格です♪
そして受け取ったのがこのカード。




造園業での有資格者はまだ少ないですが、これから重要視されてくる
資格のひとつだと思います。

勉強する事はまだまだ山積みです。

頑張らねば〜!

登録造園基幹技能者講習
登録造園基幹技能者講習を受講してきました。

2日間にわたる講習を受け、試験も無事終了しました。





この資格は民間資格ですが、

受験資格得るためには10年以上の実務経験を有し
国家資格の1級造園技能士を取得している事。
さらに、職長として3年以上の実務経験がある事が
必須条件です。

講師陣も良い先生ばかりで楽しい講義でした。

肝心のテストの結果は来月発表です。


さてさてどうなるでしょうか。




庭と庭師の仕事について想うこと。


 庭師の仕事というのは、建物と一体である「庭」を造る事。

           ・・・ですが

造形に際して建築とは対局の視点からアプローチしていきます。


   人工物として造られる建築は直線で構成されます、

    それを打ち消していく事が私達の仕事なのです。



    なぜなら自然界に直線は存在しないからです。



      直線と曲線のバランスを取りながら、

      人が心地良いと感じる空間を創造する。


 人工と自然との調和を図り、住環境や景観を創りあげていくのが


            庭師です。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
221位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。